新居への引越しをやさか引越センターで

 

賃貸ハイツから中古一戸建てを購入する際に初めて引越業者を使いました。

 

住宅を購入した時、知人から紹介というかたちで引越業者を教えて頂いたのですが、見積もりをとったところ、紹介割引を大きくつけてくださいました。

 

これは大変嬉しかったです。

 

また、会社で雇われている方が正社員の方ばかりで、その日限りの派遣バイトの方などが一切ないというのも、引越のプロの方ばかりが来てくれるという事で安心感も大きかったです。

 

見積もりに来て頂いた時点で小さい荷物用のダンボール箱とガムテープ、布団類を入れる大きな袋をおいていってくださるので、引越間近になって慌ただしく荷造りをするという事もありませんでした。

 

当日は本当に皆さん手慣れたものでテキパキと運んでくださり、新居に傷一つつける事なく作業してくださいました。

 

こちら側の要望も営業の方から細かく伝わっていたのと、また、細かく意見を取り入れてくださったので、結果的に大満足な引越となりました。

 

 

 

やさか引越センターの秘密「最安値への道」

 

トラックの大きさや台数によっても引越料金は大きく変わってくるので、なるべく安い金額で済ませたいという方は、なるべく自分達で荷物を運び、冷蔵庫やその他の素人が運び出すには難しい大きな家具のみを引越業者に搬出、搬入を任せると良いと思います。

 

また、平日の方が予約をとりやすいです。

 

雨の日でも引越は行われるので、天気が不安定な梅雨などの時期を外すのも良いかもしれません。

 

大きな家具をとりのぞいた跡は埃などの汚れがひどかったりするので、最低限の掃除用具とごみ袋は置いていくのが良いです。

 

実家に荷物を置いておくのが可能な方は小さい荷物を実家に一時的に運び出すというのも一つの手です。

 

私の場合は実家が近かったのでこまめに荷物を運びだし、トラックに乗せるのは大きなものだけにするという事でコストを抑えました。

 

箱に何が入っているのかを一目でわかるようにマジックで書いておくのも良いです。

引越し後の体験談(近所とのやりとり)

近所に顔見知りの老夫婦が住んでいます。

 

会ったときには必ず挨拶をするようにしていましたが、それ以上の付き合いはありません。

 

どういう方なのか、どんな仕事をされてきたのか、私は何も知りません。

 

一年ほど前に突然ご夫婦で私の家に来られてこのように言いました。

 

「しばらく留守にするので、うちの畑の水遣りをしてもらえないか。」

 

私は驚いて「家庭菜園の水遣りをするには留守中のお宅の庭に入らなければなりませんよね?そんなことは出来ません。

 

お身内の方か親しいお友達にでもお願いしてみたらいかがでしょうか?」と答えました。

 

そうするとご主人のほうがムッとして、「あんたは知らないかもしれないが、うちはあんたらの親の代から付き合ってんだよ!」と大きな声を出されてしまいました。

 

親と仲が良かったなどという話は聞いたことがありません。

 

近所に住んでいるというだけで、普段付き合いもないのに都合のいい時だけ「友達」にされては困ります。

 

お年寄りには親切にしたいと思っておりますけれど、ずうずうしい人もいるので気を付けようと思っています。

 

 

その後のエピソード

 

私が断ったためにご主人を怒らせてしまったわけですが、後悔はしていません。

 

はっきりと断って良かったと思っています。

 

もしも引き受けていれば何の付き合いもないのに友達にされて、さらに頼みごとをしてきただろう、と思うのです。

 

何かを頼みたいならまず相手と仲良くなるのが先です。

 

ずうずうしい事を言ってくる相手が悪いのだ、怒りたいなら勝手に怒れと思い、しばらくは何もしませんでした。

 

でもよく考えると本当に困っていらっしゃったのかもしれないと思うようになりました。

 

うちに来るようではお友達もいないのかもしれない、本当は淋しいのかしら、と考えました。

 

しばらくは会ってもお互いに無視し合っていたのですが、こちらから「おはようございます」、「こんにちは」などと声を掛けるようにしたところ、相手の方も挨拶してくれるようになりました。

 

元々の挨拶するだけの関係に戻っただけですが、この関係が一番良いように思います。

 

近所付き合いはある程度相手と距離をおいたほうがうまくいくように思います。

更新履歴